無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

195
2021/07/28

第18話

16
食事を終え、片付けも済ませた頃…


















テヒョン
テヒョン
あなた!ちょっといい?












テヒョンの部屋に呼ばれた
















you
you
(なんだろ…?)









そう思いながらも部屋にお邪魔する

















そういえば私、男の人の部屋に入るの初めてだ…。




















なんか緊張するな…。
you
you
お、お邪魔します…
テヒョン
テヒョン
どうぞどうぞ!
部屋の奥を見るとジミンもいた
you
you
2人してどうしたの?
ジミン
ジミン
ねぇ、あなた
you
you
な、何?










2人の表情がすごく真剣だったから思わず身構えてしまった。

















ジミン
ジミン
僕たちに何か隠し事とかしてない?
you
you
!!
テヒョン
テヒョン
何かあるなら話して欲しいな…?















まずい…。
この2人は本当に勘が鋭いな…。
















どうしよう…なんて答えれば…。













そうだ、とりあえず…









you
you
な、なんにもないよ?










なんにもないよ作戦

















テヒョン
テヒョン
嘘だ。絶対なんかある。











ですよね〜。

















ジミン
ジミン
あなたは悩み事とかがあるとすぐにボーッとするくせがあるもん
テヒョン
テヒョン
練習生の頃からね
you
you
…うそ
ジミン
ジミン
気づいてなかったの?ㅎ
you
you
全く…
早く治さないとバレてしまう…
テヒョン
テヒョン
んで、何で悩んでるの?
you
you
あ…えと…










あ、いいこと思いついた

















you
you
あ、そう!イメチェン…しようかなぁ?って









どうだ?これなら上手く流せたんじゃない?

ジミン
ジミン
なんだ…そんなことかㅎ
よしよし。いい感じ…!
you
you
うんㅎ
テヒョン
テヒョン
いいと思う!イメチェン!
テヒョン
テヒョン
今からしに行ってきなよ
you
you
ん…?今から?
テヒョン
テヒョン
うん
あれ…なんか違う方向に進んでない?
テヒョン
テヒョン
午後から暇でしょ?
ジミン
ジミン
僕がついて行ってあげようか?


いや、行きませんし、ついて来なくていいよ
you
you
いや…やっぱりやめとこうかn
ジョングク
ジョングク
ヌナイメチェンしに行くんですか?!
いつから居たのかな?
ジョングク
ジョングク
いいと思います!
ジョングク
ジョングク
僕のおすすめの美容院予約取りますね
you
you
や、だから大丈夫…
ジョングク
ジョングク
あ、ヨボセヨ?
ジョングク
ジョングク
今からなんですけど…
おい、コラうさぎ話聞けや
















あなたちゃん大変すぎてキャラ変わってますね















ジョングク
ジョングク
はい!お願いしまーす
ポチ
ジョングク
ジョングク
ヌナ!今から行けるって!
you
you
えぇ
ホソク
ホソク
なになに、どこか行くの?
次から次へと人が増えてく。
















何だこの人達。
テヒョン
テヒョン
あなたが今からイメチェンしに行ってくるそうです!
ホソク
ホソク
お!いいじゃん!
ホソク
ホソク
行ってらっしゃい😊
you
you
……行ってきます









と、いうことであなたちゃん強制的に美容院へ























夕方…

















やっと美容院が終わり宿舎に戻ってきた

















本当にイメチェンしちゃったよ。
















変じゃないかな?
















今まで髪型なんて変えてなかったし外見に気を使ってなかった。
















これからアイドルになるんだから外見も気を使わないとな…ㅎ















宿舎に入る前に携帯でもう一度確認する。














改めて見てもこの子の顔は本当に可愛いな…それに少しつり目でかっこいい。

















もう一度自分に自信をもてたとこで…

















ガチャ
you
you
ただいまです
テヒョン
テヒョン
あ!帰ってきた!!
ジョングク
ジョングク
おかえりヌナ〜!!
you
you
ただいまㅎ
2人に続いてみんな玄関に迎えに来た
ジミン
ジミン
わぁ、あなた可愛い!
テヒョン
テヒョン
髪がふわふわだぁ!
ナムジュン
ナムジュン
よく似合ってるよ!
ジン
ジン
やぁ僕と同じくらい可愛い!
ホソク
ホソク
ヒョンより可愛いよ、あなた!
ユンギ
ユンギ
…似合ってる
ジョングク
ジョングク
ヌナ、かっこよさも出てます!
you
you
皆さんありがとうございます!ㅎ
褒め言葉のオンパレードの中、扉が開いた
ソジュンマネ
ソジュンマネ
うわ、びっくりした
ソジュンマネ
ソジュンマネ
みんなしてどうしたんだ?
ジョングク
ジョングク
あなたヌナが美容院から帰ってきたのでお出迎えしてたんです
ソジュンマネ
ソジュンマネ
なんだ、イメチェンしたんだなㅎ
よく似合ってるよ
you
you
ありがとうございます…//










今までこんなに褒められることがなかったからさすがに照れる。


















みんなに認められるってこういうことなのかな
















you
you
本当に…ありがとうございます
ソジュンマネ
ソジュンマネ
…?おう
ジン
ジン
さ、中入ろう!









あぁ、私はなんて幸せものなんだろう。

















私なんかがこんなに幸せでいいのだろうか。

















何かバチが当たりそうで、本当に不安だ…。

















ソジュンマネ
ソジュンマネ
明日からはデビューに向けての準備が始まるから気を抜くなよ〜
BTS
BTS
はーい!















その後、デビューまで本当に慌ただしい日々が続き、ついに明日がデビュー日…





















you
you
(明日…遂にデビューか)
テヒョン
テヒョン
明日遂にデビューかぁ
you
you
うわぁっ、びっくりした
テヒョン
テヒョン
色々あったねぇ…
you
you
…うん






本当に色々あった。
















美桜がいなくなってどうしようも無くなってた私の人生がこんなにも希望に満ち溢れている。




















いじめの無い世界。

















味方がいて、いつも一緒の仲間がいる。




















これからこのメンバーでトップを目指して、充実した生活が待っている

















この時は、こんなふうに考えていた。

















今後の人生がさらにめちゃくちゃになることも知らずに。