無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

1.咲良side
ある日の放課後。
新開悠人(しんかいゆうと)
さくちゃーん
月野咲良(つきのさくら)
ん?
聞き慣れたかわいい声に呼ばれ振り返ると、
今しがた部活動を終えたばかりの悠人が
目前にまで迫って来ていた。
新開悠人(しんかいゆうと)
わー!!
月野咲良(つきのさくら)
えっちょっ
かと思うと、悠人は笑顔で私に抱きついてくる。
新開悠人(しんかいゆうと)
あはは
そして、呑気に笑っている。
月野咲良(つきのさくら)
こら悠人、離れなさい。
そう言いながら、悠人の背中を軽く叩く。


しかし、いつものごとく、
悠人はなかなか離れてくれそうにない。


そうしていると、
友達に言われた言葉が脳裏を掠めた。


“咲良ってなんか、、お母さんみたい”


確かに自分でもそんな風に思ったけれど。


こんな風に接してくる悠人が悪い。


こんな風だから、
嫌でも母親みたいになってしまうんだ。
新開悠人(しんかいゆうと)
え~別にいいじゃないですか?(^^)
月野咲良(つきのさくら)
え~じゃないし、よくもない。
月野咲良(つきのさくら)
いい加減小さい子じゃないんだから
抱きつくのやめなよー?
新開悠人(しんかいゆうと)
でもさくちゃんから見ると、
俺はさくちゃんより小さい子だよ?
月野咲良(つきのさくら)
屁理屈こねない。
新開悠人(しんかいゆうと)
屁理屈って何?
月野咲良(つきのさくら)
理屈をこねくりまわして
無茶苦茶言うこと。
新開悠人(しんかいゆうと)
理屈って何?
月野咲良(つきのさくら)
物事や世界のことわり
新開悠人(しんかいゆうと)
物事や世界のことわりって何?
月野咲良(つきのさくら)
ここから先は、哲学的な話になるからおしまいです!それより悠人、もう離れて。何もできないでしょ?
新開悠人(しんかいゆうと)
え~
月野咲良(つきのさくら)
え~じゃないの。
皆から誤解されるでしょ?
新開悠人(しんかいゆうと)
どんな誤解?
月野咲良(つきのさくら)
男女の距離が近いと付き合ってるように勘違いされるの。
新開悠人(しんかいゆうと)
え~それじゃさくちゃんは誤解されたくないみたいじゃん
月野咲良(つきのさくら)
誰が好き好んで誤解されたがるの!?
新開悠人(しんかいゆうと)
さぁ?
月野咲良(つきのさくら)
とにかく離れなさい!友達に広まると面倒だし、それに………
新開悠人(しんかいゆうと)
それに??(^^)
月野咲良(つきのさくら)
悠人って、ほんと質悪いよね
新開悠人(しんかいゆうと)
何が?
月野咲良(つきのさくら)
あっ、、く、黒田さん!!
黒田雪成(くろだゆきなり)
あ?どうしたっ、、っておら悠人!!
てめ、何月野に抱きついてんだ!?
すぐ離れろ!即刻離れろ!!
じゃねーと俺が荒北さんにどやされるだろ!?
新開悠人(しんかいゆうと)
黒田さん怖いですよ。わかりました。
俺のせいで黒田さんがどやされるのはかわいそうですね。離れます。
黒田雪成(くろだゆきなり)
んでお前はそんな上からなんだよ
腹立つな💢
月野咲良(つきのさくら)
まぁまぁ………
月野咲良(つきのさくら)
って、、悠人!!
新開悠人(しんかいゆうと)
ん?
月野咲良(つきのさくら)
汗だくで抱きついてこないでよ!!
私まで汗まみれじゃない………(;つД`)
新開悠人(しんかいゆうと)
え?俺と一緒にシャワーしたい?
月野咲良(つきのさくら)
言ってない!!心から辞退します!!
新開悠人(しんかいゆうと)
フフフ
黒田さん登場のおかげで、
ようやく悠人は離れてくれた。


ノンストップで繰り広げられたやりとりに、
自転車競技部の部員達はみな、呆気にとられていた。
月野咲良(つきのさくら)
助かりました、黒田さん。
ありがとうございます。
ペコッと礼をすると、
黒田さんはポリポリと頬をかいた。
新開悠人(しんかいゆうと)
まぁ、お前のことは荒北さんから預かってるようなもんだし、助けるのは当たり前っつうか??
月野咲良(つきのさくら)
預かってるって、、
苦笑すると、黒田さんは首を横に振る。
黒田雪成(くろだゆきなり)
いやいや、ほんとに荒北さんの留守任されてるんだって。お前のこと頼むって。
月野咲良(つきのさくら)
そう、、ですか、、、。
黒田雪成(くろだゆきなり)
ちょっ、おい、勘違いするなよ?
お前に変な虫がつかねーようにって
意味だからな??
荒北さんはなんで
黒田さんに私を任せただなんて言ったんだろう。


そう考えて沈みかけたけれど、
黒田さんのその一言に私はパァァと自分でもわかるくらいの笑顔になった。
黒田雪成(くろだゆきなり)
お前、よっぽど荒北さんに好かれてるのな
にやりと意味ありげに笑う黒田さんの言葉に、
一瞬にして私は赤くなった。
黒田雪成(くろだゆきなり)
おおー真っ赤だけどどーかしたかー?
月野咲良(つきのさくら)
も~、、黒田さん何なんですか
黒田雪成(くろだゆきなり)
俺は人間だ。そんで黒田雪成。
月野咲良(つきのさくら)
そういうのじゃなくて、、
前年度、
箱根学園自転車競技部のエースアシストナンバーの2番ゼッケンを背負った荒北靖友さんは、元ヤンで怖い人だった。


けれど、野性的な嗅覚というか勘が鋭く、
ほんのちょっと、ほんの少しの変化や違いに
すぐ気づいてもいる人だった。


私、月野咲良は、そんな荒北靖友さんと付き合っている。


けれど、当時、
というか去年は私が一年、荒北さんが三年だった。


next