無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

闇のアリス
数ヶ月たった、ある日の朝_____
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
はあ・・・・っはあ・・・・・!
私は・・・・・









どこに向かって走っているんだろう・・・・・・
遠くに、見覚えのある人影が見えた。
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
アリス!!
アリス
アリス
来ないで!!!!!!
アリスには珍しく、厳しい目をしていた。
アリス
アリス
あなたは、善者の魔法ヒロインを見つけるまで、来ちゃダメ!!
善者の・・・・・・
魔法・・・・・?
アリスは、いつもよりもさらに苦しんでいる。
アリス
アリス
ぐっ・・・・・ああああああ!!!!!!!!
すると、黒い煙がアリスを包み込む。
煙に完全に飲み込まれたアリスは、血のように赤い目をしていた。
その赤い目のアリスの口が、こう動いていたような気がした。




「次は、あなたがこうなるのよ」







と_________。














(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
いやあああああああ!!!!!!!!!!
はあ・・・・・。
またこの夢・・・・・・。
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
もう嫌・・・・・・・・。
この事を言ったって、本気にしてくれる人は、
多分いない。
私は外面だけの人間だから_____________。