無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ユニーク魔法
リドル
リドル
へ、へっくしゅん!!
寮長も、こんな可愛いくしゃみするんだ・・・・・。
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
昨日、なんでもない日のパーティー、急に雨降ってきましたよね・・・
リドル
リドル
すまない・・・看病させてしまって・・・・
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
いえいえ!これは、私の意思でやってることですから!!
リドル
リドル
ありがとう・・・・・ボーッ
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
あれ?寮長、熱出てますよ?
寮長の熱を下げるには・・・・・・
あ、そっかこれだ!!
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
寮長、じっとしててくださいね
リドル
リドル

分かった
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
『女王の庭に咲く、赤いバラよ、私に力を与えてください』
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
絡まる茨 トゥーンズエンドウィネット』!
ポンッと、周りにバラの花が浮かぶ。
リドル
リドル
!!
やがてそのバラは、花びらとなって散っていった。
リドル
リドル
これは・・・・・
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
私のユニーク魔法です
リドル
リドル
君の?
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
はい。
この魔法、『絡まる茨 トゥーンズエンドウィネット』は、あらゆるものを断ち切ることができます。このように、目に見えないものを断ち切ることも出来ますけど
リドル
リドル
すごい・・・・!
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
いや、この魔法はいろんなものを取ってしまう魔法だから・・・・。
あまり良い魔法ではありません(´・∀・`)ニコ
リドル
リドル
(悲しい笑顔・・・・・)
リドル
リドル
そんなことないよ。
僕の熱を下げてくれてありがとう。
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
ど、どういたしまして
リドル
リドル
困ったことがあったら、いつでもおいで(^ ^)
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
・・・・・っ!!!ありがとうございます・・・・・//////////
リドル
リドル
(照れてる・・・・可愛い・・・・//////)
リドル
リドル
(な、何を考えているんだ僕は!?)
↑自覚してないリドルくん