無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

好きです、付き合ってください
リドル
リドル
あなた・・・・あなた!!
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
はっ!
リドル
リドル
よかった・・・・目が覚めて
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
ええっと、ここは?
リドル
リドル
ここは、保健室だよ
リドル
リドル
君はオーバーブロッドしてしまったんだ、覚えてない?
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
オーバー・・・・・ブロッド・・・・?
そういえばさっき、闇アリスの夢見てから気絶したような・・・・・
リドル
リドル
もしかして・・・・・・覚えてない?
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
はい・・・恐縮ながら・・・
リドル
リドル
・・・・・スウッ
そこで、寮長は言葉を区切り、深く息を吸った。
リドル
リドル
・・・・・・僕が、君にキスしたことも?
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
へ・・・・・っえええええええええ!?
え、キス?




つまり、私は寮長にファーストキスを奪われたというわけで・・・・・・・・
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
でも、寮長なら、全然良いです
リドル
リドル
え?
あ、し、しまった!!つい本音を!!
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
え、ええっと、その・・・・・//////
ど、どうしよう!?
リドル
リドル
・・・・・僕も、前から君を好きだった
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
・・・へ!?
予想外すぎて、思わず変な声が出る。
リドル
リドル
・・・・あなた、好きだ、僕と付き合って
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
・・・・・はいっ!!もちろんです!『リドル』先輩!!
カシャカシャカシャカシャ‼︎
突然のシャッター音に現実へと引き戻され、思わず振り返ると。
ケイト
ケイト
トレイ
トレイ
エース
エース
ちょ、なにケイト先輩写真撮ってんすか!!!
デュース
デュース
俺は違うぞ!?みんなに誘われて行っただけだからな!?
リドル
リドル
・・・ケイトっ//////
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
け、ケイト先輩、いつからここに!?というか写真マジカメにあげる気ですか!?やめてください!!これは内緒にしてください!
ケイト
ケイト
え〜?せっかくいいねたくさんもらえそうなネタゲットしたのに〜
トレイ
トレイ
こらこら、隠し撮りは良くないぞ、ケイト
ケイト
ケイト
は〜い
ケイト
ケイト
では、改めて!!
全員
あなた、リドル/くん/先輩、おめでとう!!
見られてたのは、許せないけど。






みんなに祝われて、許してあげても良いかなって気になった、私。






リドル先輩となら、ずっと私のことを見てくれるかなって、そう思えた瞬間だった。
(なまえ)・エミリア
あなた・エミリア
みんな、ありがとう!!
------------------------------------------------
おいしょっと!・・・・・・ふう、いきなり寮暮らしとか、大丈夫かな・・・・・
ひとりためいきをついていた。
リィナ・ナント
リィナ・ナント
ナイトレイブンカレッジ・・・・面白そうじゃん