無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話♪。.:*・゜♪。.:*・゜
さとみ
さとみ
ころーん
さとみ
さとみ
莉犬帰ったよー
ころん
ころん
(やばっこっち来る…)
ころん
ころん
(寝たフリしとこっ)
さとみ
さとみ
ころーん?
さとみ
さとみ
寝てるじゃん。
さとみ
さとみ
おーいころーん?
ころん
ころん
ふぁぁ…
さとみくん。なに?
さとみ
さとみ
冷たく!!ごめんな?放置しすぎたわ
ころん
ころん
莉犬くんの家行ったら?
行ったらと言うか行って?
僕今日1人がいい
ころん
ころん
(やば、言っちゃった)
さとみ
さとみ
なんで?
ころん
ころん
だから僕今日1人がいいの!
ころん
ころん
(ここまで言ったら乗り切るしかない!!)
さとみ
さとみ
どうせるぅととか呼ぶんでしょ?
ころん
ころん
は?どうせってなに?どうせってメンバーに対して失礼じゃない?
僕は思わずキレてしまった
さとみ
さとみ
はぁ、もういいわ。お前がるぅとの家行けよなんで俺が行かなくちゃいけねーんだよ
ドン
そう言われ僕は後ろに押された
ころん
ころん
イッタ、
さとみ
さとみ
あ、ごめん。ついムカついて…
ころん
ころん
暴力とか最低。もういい。
そう言って僕はスマホだけ持って家を飛び出した