無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第12話

12話
ころん
ころん
ごめんね?寂しい思いさせて
ヨシヨシ
ころん
ころん
僕はさとみくん一筋だから、( ⸝⸝⸝¯ ¯⸝⸝⸝ )
さとみ
さとみ
うん、!
ころん
ころん
でもあの事は忘れないよ?
さとみ
さとみ
え?あの事、?
ころん
ころん
莉犬くん前家来たじゃん?あの時やっぱりや、/////ヤってたんでしょ…/////
さとみ
さとみ
え、?
ころん
ころん
だってあの時、
そこダメとかめっちゃ聞こえてたもん
さとみ
さとみ
じゃあ、そこダメって喘いでるように可愛く言えたら本当のとこ言ってあげる
ころん
ころん
え〜やだよ
さとみ
さとみ
じゃあ言わない
ころん
ころん
…わかりました、
ころん
ころん
そ、そこだめぇ…
さとみ
さとみ
もっと可愛く
ころん
ころん
そ、そこらめぇ/////
ころん
ころん
はい!こ、これでいいでしょ/////
さとみ
さとみ
あれはね、マッサージしてただけw
ころん
ころん
で、でも、!莉犬くんの体触ったんでしょ…
さとみ
さとみ
まぁな
さとみ
さとみ
とりあえず寝室行っくぞ〜
ころん
ころん
え、?
寝室来ました🛏
ころん
ころん
なんで寝室ッ…
チュ
ころん
ころん
グチュグチャグスグチャ/////
ころん
ころん
はぁ/////どうしたの/////
さとみ
さとみ
ヤろ?
ころん
ころん
…やだ。
さとみ
さとみ
拒否権なんてねーから
(耳元)(イケボ)