無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話
ピンポーン
シルク
あなた?
自分
自分
うん!だほちゃんは?
シルク
まだ起きね〜ってか入って
自分
自分
うん!
??
あ、あなたおはよー
自分
自分
マサイおはよー
マサイ
ンダホまだ起きないんだけどどうしたらいいかな?
彼はマサイ。学校だと真面目アピール
私たちの前だと面白いやつ!
マサイ
おい、あなたやつってなんだよ!
自分
自分
え?((声漏れてた?!))
マサイ
まぁいいや
??
あ、そうだあなたにンダホ起こしてもらえば?
自分
自分
無理無理無理無理!
彼はモトキ。優しくて相談役!w癒し系男子!
モトキ
じゃあ何なら起きると思う?
自分
自分
んーあ、待ってて!
私はカバンからスマホを取り出した
シルクはだほちゃんの時計を触ってるけど何してるんだろ?
シルク
これで何するの?
マサイ
あ、まさか…
自分
自分
そのまさかだよ!
モトキ
あーあれか!
シルク
なになに!?
自分
自分
シルク鈍感すぎw
シルク
まじ?
シルク以外
うん
自分
自分
まぁ言っちゃうけどこの前シルクに
叫んだ動画撮りたいからってお願いしたのあったじゃん?それ!
シルク
あぁ!それか!w
自分
自分
よし…行くよ!
動画
………わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
??
わぁあああああああ?!?!
ンダホ以外
ww ww
驚いている彼はンダホ。めっちゃ優しい💕
あと100kg以上あるw
ンダホ
へ?あ、おはよう
シルク
おいンダホみんなで学校に行こうって言ってた時間は何時だ?
ンダホ
7:00です
シルク
で、今の時間は?
チラッとだほちゃんは時計を見た
ンダホ
7:30です…
私は疑問に思った。さっきスマホ見たときは
まだ7:00になっていなかったからだ
自分
自分
ねぇシルクどういう事?((コソッ
シルク
あぁ、ダホに寝坊ドッキリ仕掛けてんの。あなたも手伝ってくれない?((コソッ
自分
自分
おけ!((コソッ
ンダホ
嘘〜…
そういいながらだほちゃんがスマホを手に取った
シルク
あ、
自分
自分
あ!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

うー
うー
初めましての方は初めまして! アカウントが1つ消えてしまったのでこちらで!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る