無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

154
2020/04/04

第6話

奥の部屋(この家は全室防音)(この部屋はお父さんの部屋の書斎からしか入れないのでこの3人以外は存在を知らない)
お父さん
今日、部下がヘマやって俺がペコペコさせられて鬱憤が溜まってんだよな〜。
お母さん
あら、奇遇ね私も掃除で疲れたところなの。
お父さん
そういえば、部屋にこんなものがあったんだよな〜
お父さん
『ナイフ』
お母さん
あら、いいわね。太もも辺りがいいかしら?
お父さん
この部屋、改造してよかったなぁ
お母さん
ほんと、そうよね
壁からぶら下がった手錠や首につける何か。足元にも足枷(しかもまた床に繋がってる)。プラス、猿轡&腰周りを固定する何か。
あなた
んんんんんんん!
(やめてください!)
お母さん
あら、この子、ナイフで刺されることを喜んでるわよ。
お父さん
おー。そうかそうか。じゃあ太ももだけじゃなくて、腰のあたりもやってあげようか。
お母さん
そうね。ダメな子の使い道なんてこのぐらいしか無いものね。