無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3






























大変今更ですがほっくん←一般人設定でよろしくです










































本編↓↓↓




































あなたside



























さっき帰宅しました。今日はお客さんが来ます












































































ピンポーン






































北斗
北斗
あなた~出て~




























お料理しているほっくん















































































めっちゃイケメン………///……//…











































さて、お出迎えしないと



























































ガチャッ











































樹
おじゃましマース









“いらっしゃい、樹くん”






































そう、ほっくんの従兄弟の樹くんです


























































樹
よっ!北斗





.








北斗
北斗
よっ、座ってて

























.













































樹
やっば笑めっちゃいい匂いするんだけど














“ほっくんがサンマ焼いてくれてるの”






























樹
マジ?今シーズン初のサンマだわ


























樹くん、めっちゃ喋るんだよなぁ






























飛ばします


































北斗
北斗
いただきます
樹
いただきまーす






“いただきます”










































ほっくんの焼いてくれたサンマはとても美味しかった

































言葉として伝えられないのが残念だけど…………



















樹
うまっ!






















あ、この人が言ってくれたみたい





















北斗
北斗
樹、会社の業績どうなの?





















あ、樹くんの家はめっちゃ大きい会社なのだそうです
























樹
まぁまぁかな?
親父は北斗もうちの会社にって言ってるけど


























へぇー




















北斗
北斗
それだけはごめんだわ





.








樹
そういうと思ったwww











“なんでやだの?”





























私は聞いた



















北斗
北斗
……………………………………





















………………………………………………


































え?なんかまずかった?



































樹
ほらぁあれだろ?…………えーっと…………
うちの会社遠いからだろ?な?北斗?












































……………………?
























北斗
北斗
うん……………………そう















“そうなんだ”



























































何かしらの地雷を踏んだらしい






































































飛ばします






































“お風呂入って来るね~”










北斗
北斗
はいよ
樹
……………………













バタンッ
























































































































































































































樹
これで本当の話ができる











北斗
北斗
そういうのやめろって…………







































































【次】









樹さん登場