無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6






























IN 会社


































昼休み



























パカッ(弁当箱を開ける























北斗
北斗
(ニコッ
優吾
優吾
幸せそうな顔しやがって、今日も愛妻弁当?
北斗
北斗
ち、ちげーよ!//
優吾
優吾
照れてんじゃんww




















北斗side




























俺の幸せなひと時を邪魔しやがって










































あ、こいつはコーチ





























同じ課の同僚で同期

































優吾
優吾
あなたちゃん元気?
北斗
北斗
うん、元気だよ
優吾
優吾
喉の調子は?
北斗
北斗
.................相変わらず
優吾
優吾
.............そうか



















あなたのことも知ってる



































理解者?ってとこかな?





































一方その頃...............................





















保健室






































ガラガラッ

















慎太郎
慎太郎
あなたー
ジェシー
ジェシー
入るでーい








“!.......また来たの?”












慎太郎
慎太郎
そんな固い事言わないでよぉー
あ、言ってはないかwww
ジェシー
ジェシー
HAHA早く食べよ










“はいはい”

































飛ばします




















ジェシー
ジェシー
ねぇあなたって彼氏いるの?








“.........どう思う?(ニコッ”















慎太郎
慎太郎
その顔はいるわ







“顔?”










ジェシー
ジェシー
え!?いるの!?








“うん.......まぁいるけど”













慎太郎
慎太郎
え.......俺の青春終わったんだけど











.............................................................



















ジェシー
ジェシー
FUHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA!!
慎太郎
慎太郎
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww







伝われ→ “(声出さずに笑う”






































保健室の外












大我
大我
........................















































【次】








お久しぶりです