無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

#24
.









次に目を開いたのは








「びょ、いん?」









病院だった









手に温もりを感じ

すぐに横を向くと






私の手を握ってすやすや寝ている




お父さん。









ではなかった。






「だいちゃん」







彼は目を擦りながら開き





お父さんにすぐに連絡を入れた









どうやら話を聞くとこうだ







涼 「 おおおおお、、お、お、い!

あすかもみほもいなくて

それで俺、その忙しくて2.3週間家いなくて


あすかが、」







私より心配し探したのはやはりあすかさん。





あすかさんにはすぐに電話をかけ





きっとほんとは男の人の家にいたと思うけど





買い物だと言っていたらしい








私とは別々なことを知ったお父さんは






完璧ではいけない。と




自分のプライドをかけて私を探すと言ったけど





大ちゃんがそうさくねがい?

を出して私が見つかった。







私はもう少しで死んでもおかしくない


そんな状況にいた。と伝えられ


ひどく怒鳴られ怒られた。









でも家に帰ってもそんな生活は変わりなかった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る