無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

#3
.









山 「ただいま

外で済ませてきた。ごめん 」












お父さんの帰りは









私が一人だった時と同じくらい









遅くなった









家にいる時間も少なくなり









お父さんに会えない日々が続いた。









それと同時に









復活した









.









.









いじめ。









私は耐えた

















私は戦った









だっていい子だもん









だって私にはこの仮面があるもの。









また 嘘の演技をするの









お父さんもすっかり騙されたこの









演技を
.









.









.




.









仮面を被った私をご覧になって ?