無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

#26
5分ほどして泣き止んだ


あすかさん。









「 ごめんね、みほちゃん。


ごめん


ごめんね、怖かったよね、

痛かったよね、ごめんね


行こう、みほちゃん、

戦いに行こう」









あすかさんは私を抱き返し


ぎゅっと抱き返し





ずっと謝ってた









私たちは手を繋いで家を出た









封筒と手紙と携帯を持って家を出た




あすかさんに手を引かれ



つられるがままに歩き出した







ついたのはお父さん、いや




「Hey! Say! JUMP」のいるスタジオだった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る