無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

#27
「ここにきてなにするの?」


私は聞いた




「 ごめんね、」



何を聞いても

あすかさんはその一言しか放たなかった


今までの鬼のような顔で私を殴り


暴力や暴言を放った人とは思えなかった









あすかさんの後ろ姿は細く悲しかった




ばん!






「 撮影中です!なにやって、、え?」






スタッフ、Hey! Say! JUMPを含め


みんなが目を丸くしてこちらをみた。