無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

#6

.









やめてよ









手が震えた









頭が真っ白になった

そのせいで









持っていた絵の具用具を落としてしまった









お母さん



いや



‘ あすかさん ’









がこちらに気づく。









相手は驚いた顔をした。

目を見開き









私は怖くて


怖くて


怖くて怖くて








もう、なにがなんなのかわからなくなった