無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

#8
.









気づけば家からは遠く離れ

どこかわからない

そんなところにいた。









私が住んでいるのは ケケケ市


近くの看板を見ると どうやらここは


降参市 ( こさんし )









降参市というと



ケケケ市の 隣の市。









はぁ、帰りたくない



帰るのが怖い









あの男の人と したあとのあすかさんに


会いたくない






パパに会わせたくない




あすかさんは きっと罰があたる。









だってあそこは ままとぱぱと私の家







ままだってきっと 仏壇のところから




見てたでしょ、?









そんなことを思って歩いていると公園を見つけた









私はその公園で







ブランコに座り






何をするでもなく









時が経つのを待つことにした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

愛 羽
愛 羽
移行 しました ! ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ novel/2RbNv9+‬
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る