無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

736
2021/05/30

第4話

お熱が出ちゃった
あぼかど🥑
あぼかど🥑
夢主ちゃんところんくんが付き合ってる設定だよー!
見づらいから背景は白にしてます
あなたの下の名前side
ここはどこ?真っ暗で何も見えない場所
不気味でなんだから怖いし、誰もいないのはもっと怖い
ころん
ころん
〜〜wあは↑
ん?あれはころちゃん?良かったー!ころちゃんだー!
(なまえ)
あなた
ころちゃーーん!!
ころん
ころん
‪Σ( ˙꒳​˙ ;)あ、あなたの下の名前…
(なまえ)
あなた
え…
なんと私が見たのはころちゃんと知らない女の人と喋ってしたのだ
モブ美
モブ美
なぁにぃ?この女ァ…私以外と付き合ってたのぉ?♡
え?付き合ってた…?
浮気…?
(なまえ)
あなた
どういうこと…?ころちゃん
ころん
ころん
(・д・)チッめんどくせぇなぁ…
ころん
ころん
そーだよ。僕はモブ美と付き合ってるんだよー!
お前は遊びだったんだ♡
え…
(なまえ)
あなた
ひ、酷い…
ころん
ころん
まー、分かったら、もう僕達の視界に入ってこないでね?
(なまえ)
あなた
グスッ
ころん
ころん
早くどっか行けよ。邪魔
(なまえ)
あなた
ごめ…んなさい
やだ…ころちゃん…行かないで…お願い。嫌だから…お願い…
やめてよ…1人にしないで…
辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い
(なまえ)
あなた
グスッあっぁぁぁ…ううぅぅぅ
ゴホッゴホッゴホッゲッホぁぁぁ…
ドンッ←ベットから落ちたァァァ
ころんside
ドンッ
僕は普段起きるのは苦手だ
だけど、、この時この時だけは、この音で起きてしまった。
ころん
ころん
なんの音だろ。
ころん
ころん
この家から聞こえたよな…?
もしかして…あなたの下の名前がベットから落ちたのかな
ころん
ころん
だったら、行くか
僕はあなたの下の名前のベットに向かった
ころん
ころん
トコトコ(((((*´・ω・)
ころん
ころん
!?
まずめにしたものは……
(なまえ)
あなた
ゴホッゴホッゴホッゲッホぁぁぁぅぅゴホッゴホッゴホッやだぁグスッ
あなたの下の名前が苦しそうなところだった
ころん
ころん
あなたの下の名前!!
熱い。とてもあなたの下の名前の身体が熱い
(なまえ)
あなた
や…だ…ころちゃ…グスッゴホッゴホッゴホッゲッホ
ころん
ころん
え…?
どういうことか分からないけど、僕の名前を呼んでいた
(なまえ)
あなた
行かな…グスッいでグスッゴホッゴホッゴホぁぁぅぅ
行かないで?悪い夢でも見たのだろう
ころん
ころん
(´。-ω(-ω-。`)ギュッ♡
(なまえ)
あなた
ぁぁグスッゴホッゴホッ
ころん
ころん
大丈夫…大丈夫…行かないよ
ころん
ころん
でもどうしよう…夜中だし。
ころん
ころん
熱さまシート…あるかな
(なまえ)
あなた
ふぇ…グスッゴホッゴホッゴホッ
ころん
ころん
あった!!
ころん
ころん
冷たいかもだけど…我慢してね
ピタッ
(なまえ)
あなた
(なまえ)
あなた
……(´-﹃-`)Zz…
ころん
ころん
お!寝たか…にしても、、あなたの下の名前はなんの夢を見たのだろうか
起きたら聞こう
あぼかど🥑
あぼかど🥑
切りますー!
これは次回に続きますー