無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第167話

167


さぁどうする私







ここは少し折れるか






〇〇
〇〇
わかったよ
〇〇
〇〇
でも少し変えようよ
ウジ
ウジ
いやだ
〇〇
〇〇
なんでそんなに頑ななのさ


ぶーぶーぶーぶー


ウジ
ウジ
イメージがあるんだよ
ウジ
ウジ
曲にしたら元のほうが絶対いい
ウジ
ウジ
ディノもそう思うだろ
ディノ
ディノ
えっ
ディノ
ディノ
あっえっ
〇〇
〇〇
どうなのディノちゃん
ディノ
ディノ
もうこんな時だけ
ウジ
ウジ
どうなんだよ
スンチョル
スンチョル
どーしたどーした
スンチョル
スンチョル
ディノが困ってるだろ
〇〇
〇〇
オッパ!
ウジ
ウジ
スンチョルはどう思う
スンチョル
スンチョル
えー俺?
〇〇
〇〇
どうですか?



どっちなの!私でしょ!





だって私のことすき、、
〇〇
〇〇
/////
ウジ
ウジ
なんだよ急に気持ち悪い
〇〇
〇〇
んなっっっっ
スンチョル
スンチョル
俺はウジのでいいと思うけど
スンチョル
スンチョル
でも意外性を持たせるならあなたのか、、
〇〇
〇〇
ゔぅ


突如現れた変化球が痛いぜ




ウジに、、





負けるなんて
〇〇
〇〇
もういいわ
〇〇
〇〇
なんやねん
ウジ
ウジ
そっちこそなんだよ
〇〇
〇〇
ウジが作る曲は全部いいからなんでもいいわ
ディノ
ディノ
急にw
ウジ
ウジ
いーんだなこれで行くぞ
〇〇
〇〇
はい、いいです。とてもよいです。
〇〇
〇〇
あじゅナイスです。
スンチョル
スンチョル
はぁー笑笑











その後できた曲を聴いてみると








少し変わってたのはみんな想像済みでしょ?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すあ
すあ
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る