無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第132話

132
ジス
ジス
サ、サプラァイズㅋㅋ
ジス
ジス
ごめんいつ出ていいかわからなくてw
スングァン
スングァン
あーチンチャ
〇〇
〇〇
もーーーー遅いよぉ〜泣
ドギョム
ドギョム
え?
〇〇
〇〇
ドッキリじゃないのかと思ったじゃん
ミンギュ
ミンギュ
気づいてたの?ww
〇〇
〇〇
あ〜泣ミンギュや〜〜
ハオ
ハオ
途中キョロキョロしてたもんね
〇〇
〇〇
いろいろ考えたけど
〇〇
〇〇
ドッキリしかないもん
〇〇
〇〇
あーよかったほんとに
ジュン
ジュン
わ〜あなた〜
スンチョル
スンチョル
なんだよww
マネージャー
あれ?失敗ww
バーノン
バーノン
はいww
マネージャー
まぁそろそろ始めるぞ
SVT
SVT
はい!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すあ
すあ
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る