無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第138話

138
ドギョム
ドギョム
こんにちは〜ドギョムです
ドギョム
ドギョム
ヌナお誕生日おめでとうございます
ドギョム
ドギョム
いつも練習終わりの自主練付き合ってくれてありがとうございます!
どんなに疲れてても大丈夫だっていつも笑顔で、そんなヌナを尊敬してます
ヌナ覚えてますか?
僕がうまくいかなくて悩んでた時、
すぐ来てくれて、僕が話し出すまで黙ってそばにいてくれましたよね
ドギョム
ドギョム
その時ヌナが言ったんです。
何があっても笑顔でいようね
ドギョムが大変だとか辛いとか感じる時はヌナが半分背負ってあげるって
全部は無理だから一緒に背負ってねって
ドギョム
ドギョム
あれすごく嬉しかったんです
半分もってくれるって本当に心強かった
僕が今ここにいられるのは
全部ヌナのおかげです
いつもありがとう
僕はヌナに何もできていないけど
これからもヌナのことを愛し続けるから
それだけはちゃんと覚えていてください
ドギョム
ドギョム
あいしてる〜
ドギョム
ドギョム
アンニョン

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すあ
すあ
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る