無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第148話

148
〇〇
〇〇
私にとって難しいことがあります。
SVT
SVT
???
〇〇
〇〇
大丈夫じゃないとき
〇〇
〇〇
私は大丈夫じゃないと言えません
ディノ
ディノ
。。。
〇〇
〇〇
これはきっとcaratの中にも
もちろんメンバーにもそういう人いるよね?
〇〇
〇〇
でも私大丈夫じゃない時に
〇〇
〇〇
大丈夫だと言う勇気もありません
〇〇
〇〇
なんか伝え方がわからないんだけど
理解できてる?
ハオ
ハオ
うん伝わってるよ


ほっ


〇〇
〇〇
うん、だから私が大丈夫だと言う時は
大丈夫な時だよww
〇〇
〇〇
心配してくれてありがとうね〜
〇〇
〇〇
ヌナ元気だよーーー
ホシ
ホシ
はぁまたそうやって
ウジ
ウジ
こいつは気づかないからダメだ
〇〇
〇〇
えー大丈夫なんだもん
ミンギュ
ミンギュ
わかったわかったわかったよ〜
ミンギュ
ミンギュ
よしよし
〇〇
〇〇
やめろキムミンギュ
ミンギュ
ミンギュ
笑笑
スングァン
スングァン
おっとここでジョシュア氏

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すあ
すあ
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る