無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第152話

152
ホシ
ホシ
あれ、、
〇〇
〇〇
どしたんやろ




ガチャ




ホシ
ホシ
あ、スングァナ、、、





バタン
ウォヌ
ウォヌ
わかりやすいなww
ジュン
ジュン
わかりやすいねww
〇〇
〇〇
なんかあったの?
ウォヌ
ウォヌ
珍しく二人の意見がぶつかってて
ウォヌ
ウォヌ
喧嘩になりそうで
ジュン
ジュン
それをウジが起こったんだよ
ジュン
ジュン
そしたら
ウジ
ウジ
はぁ
〇〇
〇〇
ウジや!
〇〇
〇〇
わたしの愛する弟を傷つけたのか





お主許さぬぞ





ウジ
ウジ
なんでだよww
ジュン
ジュン
焦ってたんだねきっと
ホシ
ホシ
行ったほうがいいか?
ウジ
ウジ
んーあなた頼む
ホシ
ホシ
え、おれは、、、
ウジ
ウジ
ボーカル同士のがいいだろ
ホシ
ホシ
あー
〇〇
〇〇
言われなくてもいきますよーーー




あーもう





二人ともあんな状態なんてウジがなんか





いったんでしょ





許さんぞーー




二人とも待っててヌナが行くよ!!




ブツブツブツブツ
ウォヌ
ウォヌ
こういう時あなた便利だな
ジュン
ジュン
便利って
ウォヌ
ウォヌ
適任だな
ジュン
ジュン
だね

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すあ
すあ
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る