無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第135話

135
ディノ
ディノ
ヌナ!
ディノ
ディノ
ディノです
〇〇
〇〇
え、、
ディノ
ディノ
えーこんなビデオちょっと恥ずかしいし
緊張するんですけど
ディノ
ディノ
この機会に心からの感謝を
伝えたいと思います
〇〇
〇〇
。。。
ディノ
ディノ
僕が何か悩んでる時、
一番にそばに来てくれるのは
ディノ
ディノ
ヌナとホシヒョンです
ドギョム
ドギョム
ホシヒョンww
ディノ
ディノ
もちろんホシヒョンにも感謝してますけど
ディノ
ディノ
やっぱヌナの存在が僕にとって
とても大きいです
ホシ
ホシ
やーww
ディノ
ディノ
ヌナは僕の心の大きな支えです
ディノ
ディノ
だから僕もヌナの支えになれたらと思うんだけど、やっぱりヌナは一人で僕のずっと前を走っています。一緒に歩いて欲しいって思うけどヌナはずっと前を走って僕に追いつくすきを与えてくれません。
だから心配になります。僕じゃ頼りないかもしれないけどたまにはもっともっと頼ってください!
ディノ
ディノ
ヌナ!誕生日おめでとうございます!
ディノ
ディノ
心から愛しています

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すあ
すあ
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る