無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第57話

57
僕がヌナを愛してるのはみんなも知ってるだろうけど
この愛が家族愛とは違って

恋の愛だと言ったらこの関係は崩れてしまうだろうか、、、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デビューして半年ぐらいだった頃
〇〇
〇〇
スーンーグァーナーー
〇〇
〇〇
ブッブッブッブッブスングァン!
スングァン
スングァン
あーチンチャ
スングァン
スングァン
なんですかしつこい
〇〇
〇〇
そんなこと言わないでよ悲しいじゃん
〇〇
〇〇
フンッフンッ
スングァン
スングァン
そんなことしても可愛くないですよ
〇〇
〇〇
チッ
〇〇
〇〇
知ってるもん照れ隠しでしょ
いいもんね知ってるもんね
なんてブツブツブツブツ
なんだんだほんとにw
スングァン
スングァン
で何のようですか?
〇〇
〇〇
なんでもないんだけどねぇ
なんでもないのかよw
〇〇
〇〇
ヌナはブスングァンの強火ペンだということを伝えておこうと思って
〇〇
〇〇
あっ言っちゃったよw
なに言ってるんだこのヌナはw
スングァン
スングァン
どういうことですか
〇〇
〇〇
なんでもないんだよ〜
〇〇
〇〇
ただヌナはブスングァンの歌声とか?
〇〇
〇〇
すごい好きだなって話
スングァン
スングァン
それみんなにも言ってるでしょw
〇〇
〇〇
あっバレた?ww
楽しそうだなきっとこの人には悩みなんてないんだ
〇〇
〇〇
だからね大丈夫だよ
え?
〇〇
〇〇
辛いことがあっても笑っていようね
〇〇
〇〇
笑っていればぜったい!いいことあるよん
あっでも何かあったら言ってね
溜め込むのは良くない、うんよくない
ヌナスングァンのためなら頑張っちゃうから
だってw
スングァン
スングァン
あーチンチャ
こういう時だけ気付くんですよこの人は
僕が本当に辛いと思う時だけ隣で寄り添ってくれるんです
あの時からかな
いやもしかしたらもっと前から
ちょっと意識し始めちゃった
ヌナのために笑顔でいようって
ヌナは僕たちが笑ってるのを見るのが好きだから
幸せでいようって







そう思って




隠しているけど

















僕だけじゃないでしょ?


ねぇ
























ヒョン

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すあ
すあ
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る