無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第44話

44
ジョンハン
ジョンハン
ジョンハン
ジョンハン
どうしたの
〇〇
〇〇
え、気になる?
ジョンハン
ジョンハン
、、
気にならんのかい
〇〇
〇〇
なんでもな
ジョンハン
ジョンハン
これなに
〇〇
〇〇
い、、、よ 、、、、
おおお
パボ!私のパボ!!
何でしまわなかったの!
こういうのはバレないようにするもんでしょ
え?そうでしょ?
はぁうん!もういいや
ジョンハン
ジョンハン
誰から
〇〇
〇〇
ベストフレンドから
無理あるか?
ジョンハン
ジョンハン
サセンだろ
無理でした
わかってました
〇〇
〇〇
どうしよ
ジス
ジス
とりあえずメンバーとスタッフに言おうね
〇〇
〇〇
なぜここに
ジス
ジス
二人とも遅いからぁ
ジス
ジス
ジョンハンがあなたに手でも出してるのかと思って^ ^
目が笑ってないぞ百合子

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すあ
すあ
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る