無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

26
ウジ
ウジ
みしてみ
〇〇
〇〇
え?
ウジ
ウジ
歌詞
〇〇
〇〇
やっやだよ
ウジ
ウジ
いいから
ウジ
ウジ
はやく
あーこれは見せないとダメなやつだ
〇〇
〇〇
なにも言わない?
〇〇
〇〇
あっ待ってダメだったら行って欲しいけど
〇〇
〇〇
やっぱダメなにも言わないで!
〇〇
〇〇
あーでもなぁ
どっちだよ
ウジ
ウジ
もうわかったから
〇〇
〇〇
はい、、
いつからだろう
私ってこんなに臆病だったっけ
いいえ
気づかないふりをしていただけで
本当はわかってた
助けて欲しいと
そういえたらよかったけど
それすらももう怖くて
どうしたらいいですか
ひとりになるには
まだ心が治ってない
そばにいて欲しい
そう願ったけど
それすらももう怖くて
私はどこにいけばいいですか
一体何を目指せば
自分で選んだ道だから
後悔なんてしたくないし
諦めたくもないけど
もう崩れてしまいそうです
いつからだろう
私ってこんなに臆病だったっけ
そう
ひとりではなにもできない
そんなことわかってた
あなたからの愛だけが私の力で
不安で押しつぶされそう
そういえたらよかったけど
それすらももう怖くて
どうしたらいいですか
立ち上がるには
まだバランスが取れなくて
支えて欲しい
そう願ったけど
それすらももう怖くて
私はどうしたらいいですか
難しいことばかりなんです
自分で望んだ道だから
後悔なんてしないし
諦めたくないけど
もう崩れてしまいそうです
私だけじゃない
そう思いながらも
この不幸に敵うものはないと
そうも思ってしまいます
暗くて狭くて
息ができません
仕方さえ忘れてしまったんです
出口を探すのは
もう疲れました
それでも抜け出したいと思うのは
あなたがいるからで
大丈夫だと
私たちがいると
またその声で言ってくれませんか
一から始めるには
生まれ変わるには
私はとても臆病なんです
〇〇
〇〇
ど、、、、どうかな

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

すあ
すあ
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る