無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

そんなの
 ゆぺside







LIVEが終わり、2人で会場をあとにした。



あなたは泣きすぎて目が赤くなっていた。








ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
どうだった?楽しかった?
(あなた)
(あなた)
うん!もうめっちゃ楽しかったよ!
本当………ありがとう…!




まだ涙ぐんだままわらってそう言うもんだから



ドキッとしてしまう。




(あなた)
(あなた)
ゆぺくんって、すごいね。
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
え?
(あなた)
(あなた)
だって、いっつも困った時は助けてくれて
今日みたいなこともしてくれて。













































そんなの










































(あなた)
(あなた)
私の心読めるみたい。
なんでだろ。



























































そんなの










































ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
あなたが
(あなた)
(あなた)
ん?























































あなただから。








































ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
あなたのことが






















































































ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
好きだからだよ。