無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

ほっておけるわけ


まいたけside










ゆぺとあなたって付き合ってたのか?




だって、今日はあなたとゆぺが一緒に出かけるなんて




一言も聞いてないし。



















































手、繋いでたし。















































____その日の夕方。_________





























お兄。«LINE»
お兄。«LINE»
おい、起きてる?
まいたけ«LINE»
まいたけ«LINE»
起きてるけど、どうかした?
お兄。«LINE»
お兄。«LINE»
今日あなたとなんかあった?



























は?





















まいたけ«LINE»
まいたけ«LINE»
いいや、何も?
お兄。«LINE»
お兄。«LINE»
ふーん。分かった。ありがと






















いやいやいや!




え、それだけ?





気になるんですけど!!

















まいたけ«LINE»
まいたけ«LINE»
あなたに何かあったの?
お兄。«LINE»
お兄。«LINE»
いや、泣いたみたいで
目腫らして帰ってきたから


















は?……………………………は?!








































いや、なんで俺が泣かせたと思うんだよ!







































今日はゆぺと一緒だったけど…………






























ゆぺが泣かせたのか………?















まいたけ«LINE»
まいたけ«LINE»
ポケ今家にいる?
お兄。«LINE»
お兄。«LINE»
いや、今ほんこんさん家に来たとこ。
あなたなら家。
まいたけ«LINE»
まいたけ«LINE»
なんであなた置いてったんだよ。
お兄。«LINE»
お兄。«LINE»
1人になりたいって。























































そんなの









































ほっておけるわけない。