無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

日常編2 かにちゃん
今日はかにちゃんのYouTubeチャンネルにあげる

動画の編集をしてます!
(あなた)
(あなた)
よぉぉぉし!
やぁっと全部終わったぁ!!
かにちゃん
かにちゃん
ごめんねー。個人チャンネルの方まで
編集やってもらって。
(あなた)
(あなた)
いや、かにちゃんの動画面白いから
編集楽しいよ。
かにちゃん
かにちゃん
ほんとぉ?!まじ?
あなたに言われると自信つく!
(あなた)
(あなた)
えー?ほんと~?
かにちゃん
かにちゃん
うん!てゆーか
ずっと編集して休んでなかったでしょ?
ちょっと休憩しよ!







それから色々な話をした。

カニちゃんの大学の話とか

お兄が編集してたやつバグって最初からになった話とか

カラオケ行きたいねって話とか……
(あなた)
(あなた)
かにちゃんの大学に
可愛い子とかいないの?
かにちゃん
かにちゃん
ぅぇっ?!居ないよ!
(あなた)
(あなた)
えぇ~??怪しい~。
可愛いなぁって思う子居ないの?
かにちゃん
かにちゃん
ボソッ))僕が可愛いと思う女の子は
あなただからなぁ。
(あなた)
(あなた)
へっ…?
かにちゃん
かにちゃん
?  ………?!?!
いっ、いや!!今のはそのっ…!
ぅ~えーっと?!
かにちゃん
かにちゃん
な、何言ってんだろ僕…!!
ごめんっ…忘れてぇ~…!!
(あなた)
(あなた)
あ、ぁあ…うんっ…!!
その後ちょっと気まずくなって

2人とも鬼のように働きました。
かにちゃん
かにちゃん
(りこ引いたかな…
僕何してんだよぉ~!!)
(あなた)
(あなた)
(き、きっと聞き間違いだよ…ね…? 
聞き間違いだとしてもどきっとしたぁ…///)












まるで高校生みたいな

可愛らしい2人でした。