無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

そんなもん



まいたけside












なんであなたの態度がよそよそしいのか




気になって仕方ない。






















だから。





































姉貴
まさか、あんたから恋愛系のこと聞かれるなんて
思ってもなかったわwww
まいたけ
まいたけ
俺だって姉貴になんか聞きたくねーよ。

















駅前に新しく出来たカフェに行き、奢って



姉貴に相談した。





















































姉貴
それ、あんたのこと好きなんだって!
まいたけ
まいたけ
……………………は?
姉貴
だーかーらー!断ったあと
すんなり受け入れるんじゃなく
もっと強引に誘って欲しいんだってそれ!
まいたけ
まいたけ
どうゆーこと?
姉貴
わかってないなぁもう。
女はね、追いかけて欲しいの!
姉貴
1回断ったって
また誘ってくれるのを待ってんの!
まいたけ
まいたけ
は、はぁ………。
姉貴
そして、あんたがそんなんだから
ほかの男と仲良くして嫉妬させたいんじゃん?
まいたけ
まいたけ
そうなの……?
姉貴
そうだよ!絶対。
そんなもんだって。
まいたけ
まいたけ
そんなもんか……………?













































だとしたら………







俺が頑張れば…………














































い、いやいや…!



まだあなたが俺を好きって決まって訳じゃないだろ…!



浮かれんな……!































































でも、少し勇気が出た気がした。
























































と、カフェを出て歩いていた時。




































































遠くにあなたが見えた。




すぐにあなただって気づいた。










































































でも、その隣には





























































ゆぺがいた。

















































まいたけ
まいたけ
姉貴
姉貴
ん?




















































































まいたけ
まいたけ
やっぱそんなもんじゃなかったわ。