無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第93話

タイミング








あれから1年と何ヶ月か経ったけど

(ごめんなさい。めんどくさくてめっちゃ飛ばしました。)







相変わらず仲良くやってますw









そして今日はまいたけくん家に泊まってます。








私は最近ゲームにハマったんで








まいたけくんと格闘中です。






































(あなた)
(あなた)
……………………………………………。



























ちなみに集中すると喋らなくなるタイプです。





































まいたけ
まいたけ
………………………………………………………。
































でもまいたけくんまで喋らないのは











ちょっと変。















































いつもはヘタクソって馬鹿にしたりしてくるのに。






























































































ゲームが終わり画面に私の負けが表示される。





















































(あなた)
(あなた)
ね、なんかあった?
まいたけ
まいたけ
あなたさ。
(あなた)
(あなた)
うん。















































なんだ改まって。






























































まぁ、ずっと一緒にいて気づいてはいたけど











































まいたけくんは大事なことを話す前






黙るくせがある。























































































で、なんだろ。
















































(あなた)
(あなた)
なに?


























































































































































































まいたけ
まいたけ
結婚、しない?


































































へ…………?





























































(あなた)
(あなた)
な、んで……このタイミング……?
まいたけ
まいたけ
いや、ずっと言おうか迷ってたんだけど。
















































ほんと、まいたけくんはいつもこんなんだ。











もっと私は雰囲気とかも大事にしたいんだよ?












タイミング絶対変じゃん。





















































まいたけ
まいたけ
それで、返事は……?






























































(あなた)
(あなた)
末永くよろしくお願いします。
























まいたけくんは嬉しそうに抱きしめてくれた。

























































私今、とっても幸せです。