無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

日常編3 ふぇにくろ
今日は新しい服を買おうと思って

ふぇにちゃんとショッピングに来ました!
ふぇにちゃんと来た理由はもちろん

オシャレでセンスのいいふぇにちゃんに

似合う服をえらんでもらうためです!
(あなた)
(あなた)
う~ん…どれがいいかな……?
ふぇにくろ
ふぇにくろ
どんな感じの服が好きなの?
(あなた)
(あなた)
えーっと…。落ち着いてるけど可愛い感じ?
可愛すぎずって感じのが好き!
ふぇにくろ
ふぇにくろ
それなら…………………… 
こんなのはどう?
画質荒くてすみません(T^T)↑
(あなた)
(あなた)
か、可愛い…!
ふぇにくろ
ふぇにくろ
あと、こんなのもいいかも
(あなた)
(あなた)
さっきのより少し大人っぽい感じ…
ふぇにくろ
ふぇにくろ
あ、でもこういうのもいいよね
(あなた)
(あなた)
あ、これいいっ…!
ふぇにくろ
ふぇにくろ
じゃあこれにする?
(あなた)
(あなた)
するっ!!
ふぇにくろ
ふぇにくろ
じゃあ貸して?
俺買ってくるから。
(あなた)
(あなた)
え?!いいよ!自分のだし!
ふぇにくろ
ふぇにくろ
いいの。俺が買ってあげたいから。
(あなた)
(あなた)
え、でも…
ふぇにくろ
ふぇにくろ
ならさ、また俺と一緒に出かけてくれる?
(あなた)
(あなた)
そ、それはもちろんっ!
ふぇにくろ
ふぇにくろ
じゃあそれがこの服の
お返しってことで。
(あなた)
(あなた)
あ、ありがとう…////
なんか彼女みたいじゃん…///
ふぇにくろ
ふぇにくろ
あれ?照れてる?
照れたよね?かーわいーあなた。
(あなた)
(あなた)
もう今ので台無し。
ふぇにくろ
ふぇにくろ
はははwwwごめんてwww
せっかくちょっとかっこいいと思ったのにさ。




ふぇにちゃんが会計を済ませた後

ほかの店も覗いてみることにした。
(あなた)
(あなた)
あ、この服可愛い~。
ふぇにくろ
ふぇにくろ
ん?どれ?
店の店員
こちらの商品はメンズとレディースどちらもございますので
ペアでお買い上げいただくことが多いんですよ~。
へー。ペアルックかぁ。

なんか可愛いかも。




ちなみにその服はこんな感じ↓
(あなた)
(あなた)
じゃあこれ2つください。
ふぇにくろ
ふぇにくろ
はっ?!
店の店員
お買い上げですね!
少々お待ちください。
ふぇにくろ
ふぇにくろ
これ、ペアルックだよ?!
いいの?
(あなた)
(あなた)
さっきのお礼!
可愛かったし。
ふぇにくろ
ふぇにくろ
でかけるのでいいって
言ったのに…!
(あなた)
(あなた)
じゃあこれ着てまたお出かけしようよ。
カップルだと思われるかな?
ふぇにくろ
ふぇにくろ
(なんでこんなに可愛いんだよっ…!!)
ふぇにくろ
ふぇにくろ
あなたのバカ。
(あなた)
(あなた)
えぇ。急な暴言。





この後、ふぇにちゃんとお寿司食べました。

美味しかったけど

ふぇにちゃんはなんか態度がよそよそしかったです。

怒ったのかなぁ。((天然。


















今度はペアルックでお出かけします。