無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

裏話②


どうも。2度目のふぇにくろです。

今日はついにゆぺの大勝負の日です。

待ち合わせからソワソワしててゆぺも緊張するんだなー。って思ったよね。





そして、本日の俺の役割はこんな感じ


①さりげなく会話をして会場まで悟らせないようにする。

②会場に着いたらそれとなく用事があると言って2人にする。

③LIVEが終わるまで適当に時間を潰して落ち合って終了。





上手く行けばいいけど。

































そして、ついに。

































ふぇにくろ
ふぇにくろ
あ、あれあなたじゃない?
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
え、まじ…?ちょ、変じゃないよね。
ふぇにくろ
ふぇにくろ
うん。今日もかっこいいから大丈夫。








そして、俺らに気づいたらしく、小走りで近付いて来た。
(あなた)
(あなた)
おまたせ~。
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
はい、3分遅刻~。






さっきまでとは別人のように自然に話し出すもんだから

ちょっとびっくりした。


作戦通り、行先は伝えずに

それとなくどうでもいい話をして会場までの道のりを過ごした。
(あなた)
(あなた)
えっ?!…………ここって…まさか…!?




予想以上に喜んでくれてるみたいだった。
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
たまたま知り合いもこのアーティスト好きで
今日行けなくなったらしいからどうせならと思って。



自分がとったって言わないんだな。


意外。もっと自慢げに言うと思ってた。





ふぇにくろ
ふぇにくろ
あー。俺はこれからちょうどそこで用事あるんだよね。





よしっ。2個目の目標達成。












































あとはゆぺさん次第だな







































上手く行けばいいんだけどなぁ…。















































































でも俺、知っちゃってるんだよな。







































































































あなたがまいたけのこと好きだって。