無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

まさかの再会
(あなた)
(あなた)
楽しそうな人達だな…。
???
女連れ込んでんのか?
やべーだろそれ。可愛い?
ポケカメン
ポケカメン
いや、だから連れ込んでないから。
ガチャッ















???
え…。
扉が空いて、身長が小さめの
顔立ちのいい人が入って来た。
(あなた)
(あなた)
あ…えっと、はじめまして…。
???
何?女居た?
そう言って入ってきた人は
すごく細身のこれまた顔立ちいい人だった。
???
え、マジでいんじゃん
てかめっちゃ可愛い。
次に来たのは、身長がすごく高い 
大人っぽい雰囲気の人だ。
???
ちょ、まいたけ早く来いって。
まじだったわ。
その後に来たのはクマのTシャツを着た
可愛い感じの人だった。
???
まじ?がちだったのか……よ……。





























え、かっこいい…。





〃まいたけ〃と呼ばれたその人は完全に

私のタイプだった。









でもその人は私の顔を見て固まった。
まいたけ(?)
さ、
(あなた)
(あなた)
さ……………………?
さ…? 
「さ」ってなんだ………?



























まいたけ(?)
さっきぶつかった子だよね…?
ほら、あの交差点のとこでさ…!
(あなた)
(あなた)
!!
(あなた)
(あなた)
あ、あの時の…!!










ま、まさかの再会…。