無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

日常編4 さくらくん。
今日はさくらくんのライブがあるらしいので
(さくらくん。はAlbaNoxというアイドル活動もしてます。)

こっそり見に行くことにしました。

(あなた)
(あなた)
(こういうLIVE初めてだからなぁ。
可愛い子多い。赤いペンライト多いし…
まぁさくらくんかっこいいもんな。)
そんなことをぼけっと考えていたら

LIVEが始まった。
(あなた)
(あなた)
わぁ……すっごい………。
ステージのさくらくんは

いつも以上にきらきらしていて

ほんとにかっこよかった。
さくらくん。
さくらくん。
回る針は止まらない~♪
(あなた)
(あなた)
(歌うまいなぁ…)
さくらくん。
さくらくん。
(ん…?えっ…?えぇっ…?!あなた?!)
(あなた)
(あなた)
(あ、今目あったかも……………
気のせいかな。バレちゃったかな。)
さくらくん。
さくらくん。
(来るならもっとちゃんとやったのに…
っていつもちゃんとやってるけどもっ…!)




______________________________________
LIVE終了後__
(あなた)
(あなた)
はぁ、かっこよかったなぁ。
ピコンッ💬
(あなた)
(あなた)
ん?LINE……
げ。さくらくんだ…
さくらくん«LINE»
さくらくん«LINE»
ねぇ、気のせいだったら悪いんだけど
今日もしかしてLIVE来てた?
LINEのJibun☆
LINEのJibun☆
うん。なんか途中こっち見たかもって時あったけど
よく私だってわかったね。人いっぱいいたのに。
よくあの大人数から見つけられたなぁ……。

私浮いてた感じ…?!
さくらくん«LINE»
さくらくん«LINE»
今から電話かけていい?
LINEのJibun☆
LINEのJibun☆
いいよ〜。
~♪
さくらくん。
さくらくん。
あ、もしもし?
(あなた)
(あなた)
はあい?
さくらくん。
さくらくん。
ごめん電話かけて
(あなた)
(あなた)
全然いいよ。でもLINEだと
なんかダメなことでもあったの?
さくらくん。
さくらくん。
いや。その……
声ききたかったから…//
なんだこの可愛い生き物は。
(あなた)
(あなた)
それで、なんでわかったの?
私結構後ろにいたんだけど…
やっぱ可愛い子ばっかで私浮いてた…?
さくらくん。
さくらくん。
全然そんなんじゃないからっ!
りこのこといつも見てるから分かるよそのくらい。
さくらくん。
さくらくん。
それに俺あなたのこと…
(あなた)
(あなた)
私が何?
さくらくん。
さくらくん。
い、いや、なんでもないっ!
さくらくん。
さくらくん。
またLIVE来てくれる?
(あなた)
(あなた)
いいよ!いつでも行くよ!
あ、仕事がなければだけど……
さくらくん。
さくらくん。
はははwwwいつもありがと。
じゃあまたね。
(あなた)
(あなた)
うん。ほんとかっこよかったよ!
じゃあまたね。
















~AlbaNox 楽屋~
Albanoxメンバー
さくらくん顔赤いけど大丈夫?
熱ある?
さくらくん。
さくらくん。
いや、熱じゃない…大丈夫…///
さくらくん。
さくらくん。
(あなたのバカ…///
あなたの方が可愛いっつーの…///)






さくらくんがそんなことを思ってるとも知らず


















































(あなた)
(あなた)
次のLIVEの時は私も量産型(?)で行こうかな……。