無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

横顔


ゆぺside








____現在_______







(あなた)
(あなた)
ねぇっ!このグッズ買ってくる!
(あなた)
(あなた)
あ、でもこっちもいいなぁ………!






ふぇにと別れたあともやたらあなたのテンションは高かった。





ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
貸して。俺が買ってくるよ。
(あなた)
(あなた)
何言ってんだ。私のなんだし私が買う。
ホントのオタクなんだぞ。舐めんなよ。
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
そう?www





そう言った時のあなたの顔がガチ過ぎてそれ以上は言えなかった。



てか、面白すぎて笑った。


















































ライブの時間が迫り、会場に入ってからも


あなたはテンションが高かった。



見てる方が疲れるくらいには元気だった。





(あなた)
(あなた)
もうすぐだねぇ!やばい
緊張してきたぁ!!!
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
落ち着けwww



































フッと照明が消え、LIVEが始まった。


隣のあなたは飛び跳ねて楽しんでいる。


俺もこの日のためにいつもは聞かないであろう


このアーティストの曲を飽きるほど聴いてきた。





















































LIVEも後半に近づいて



バラードの曲を歌い始めた。







この曲は俺が聴いた中で一番好きな曲だった。





























































ふと、隣のあなたを見た時
































































感動して泣いていた。











































その横顔があまりに綺麗で































































たまらなく好きだと思った。