無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第68話

大事な友達


あなたside
















誰だろ。お兄かな……?








にしては早いな。









(あなた)
(あなた)
はーい…。










重い足を引きずりながらも







気持ち急ぎめで玄関に向かう。
































(あなた)
(あなた)
はー、い……………?!





















































そこに居たのは







































































































まいたけくんだった。







(あなた)
(あなた)
え、な…なんで………?


























































息を切らしてまで急いで






なんで…










まいたけ
まいたけ
はぁ……はぁ……………………
泣いてたって……聞いたから……ゲホッ…!

















































それって…………













































































(あなた)
(あなた)
心配して、来てくれたの…?
まいたけ
まいたけ
……………………悪い……?








































私は

嬉しいけど………。
































































(あなた)
(あなた)
今日…………まいたけくん、見かけたよ。
まいたけ
まいたけ
え?


















そう。見た。



























まいたけくんが









(あなた)
(あなた)
彼女さんと一緒にいたよね………。













































心配して来てくれたのは





大事な"友達"だからだよね。




































































まいたけ
まいたけ
は…………?