無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

知った日
ふぇにくろside

俺がそれを知ったのは結構前。


















































まだ俺が



































 
































あなたを好きだった頃。



































ポケん家でYouTubeの撮影をした後のこと。

(あなた)
(あなた)
お疲れ様~。じゃあ私編集してくるね!
ポケカメン
ポケカメン
うん。俺らもうちょいこっちいるから。
(あなた)
(あなた)
わかった~。


今日も可愛いなぁ。





























いてっ。なんか踏んだ。
ふぇにくろ
ふぇにくろ
あれ。これ撮影したデータ……?


馬鹿だなあなたはwww


データなしでどうやって編集すんだよ


俺はこっそりデータを持ってあなたの部屋に向かった。









コンコンッ
ふぇにくろ
ふぇにくろ
あなた?










返事がない。聞こえなかったのか?









まぁいっか。てか、こっそり入って驚かしたろw






















俺は静かに音を立てないようにドアを開けて部屋に入った。











あなたはスマホに集中していて全く気づかない。










































(あなた)
(あなた)
かぁっこいい……////




















え?何見てんの?あー。こないだかっこいいって言ってた

俳優のこと?俺は好きじゃなかったけどな。







































と、思ってあなたに近づいていった時。


































































え………………?











































スマホに映っていたのは俳優でもなんでもない

































































































まいたけの写真だった