無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

日常編6 まいたけ②
外国人観光客と別れたあと

明らかにまいたけくんの様子がおかしくなった。
(あなた)
(あなた)
ねぇ、どうかした?
まいたけ
まいたけ
どうかしたって……どうかしてんあなたの方だろ…///
(あなた)
(あなた)
え?何?私なんかした?!
まいたけ
まいたけ
…………………………ほんと英語出来ないんだな…。
まいたけ
まいたけ
さっきの観光客、最後なんて言ったかわかって
Yesって言ったの?
(あなた)
(あなた)
えー…。「いいお友達だね!」
みたいな……?
まいたけ
まいたけ
…もう、ほんとにお前はっ…!
(あなた)
(あなた)
え?!違う?!
ならなんて言ってたの?


















言いにくいことかな……。










































まいたけ
まいたけ
『素敵な彼氏さんがいて幸せね』ってさ……////











































































?!?!?!?!?!
(あなた)
(あなた)
(私、すっごい笑顔で『はい!』って言っちゃってたよね?!
すんごい誤解されちゃってんじゃん!!)
(あなた)
(あなた)
ご、ご、ごめんなさいっ!
私勘違いしててっ……!!
まいたけ
まいたけ
い、や…それは分かってるよ…
まいたけ
まいたけ
(でも、勘違いでもちょっと嬉しかったなぁ…。)
(あなた)
(あなた)
い、嫌だったよね…!
ほんと、ごめんなさ……
まいたけ
まいたけ
!嫌とかじゃっ…!
(あなた)
(あなた)
へ…?
まいたけ
まいたけ
嫌とかじゃ、ないから。


















そんなこと言われたら、勘違いしそう……。






























いや、自惚れるなあなた。
























































でも、英語を話すまいたけくんは

本当に本当にカッコくて。






前よりも好きになったかも………………。
























































ん?















































す、き………?




______________________________________




そこからはずっとふわふわしてて


せっかく買って貰ったオレンジジュースも


あんまり味がしなかった。



























恋する乙女、どうなるのでしょうか。