無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

お化け屋敷



入り口でもう足がすくむ。




もう帰りたい。









































(あなた)
(あなた)
はぁぁ…………。ごめん帰る。
ふぇにくろ
ふぇにくろ
いやダメだろwww
まいたけ
まいたけ
思ってたより怖そう。
ふぇにくろ
ふぇにくろ
じゃああなた、手繋ぐ?
(あなた)
(あなた)
ぅえ…?!大丈夫だよ………って言いたいとこだけど
ごめん。お願いします。
まいたけ
まいたけ
………!!!!
ふぇにくろ
ふぇにくろ
え?まじ?www
ふぇにくろ
ふぇにくろ
でも俺、カメラ持ってて無理なんだよね。
まいたけ、頼んだ。
まいたけ
まいたけ
はっ………?!
(あなた)
(あなた)
えぇっ………?!



























半分冗談だったけど






これって、チャンス…………?






























(あなた)
(あなた)
…………いい?
まいたけ
まいたけ
う、うん。
びびって離したらごめん。
(あなた)
(あなた)
………いや、許さない。
まいたけ
まいたけ
えぇ……。
























てか、めっちゃ手汗やばい………。









































まいたけくんはどう思ってるかな。












































お化け
ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!
ふぇにくろ
ふぇにくろ
おわっ。
まいたけ
まいたけ
ははは。
(あなた)
(あなた)
ギャァァァァァ!!!




















ビビってとっさに





































































まいたけくんに抱きついてしまった。

































まいたけ
まいたけ
ぉわっ…////
(あなた)
(あなた)
うわぁっ!ご、ごめん!
まいたけ
まいたけ
あははっ!ビビりすぎwww
まいたけ
まいたけ
驚くのに忙しいヤツだなwww
(あなた)
(あなた)
だ、だってぇ………。




































暗いからわかんないかもだけど















































今絶対顔赤い……//////

































まいたけ
まいたけ
もっと近くに寄れば…?
(あなた)
(あなた)
う、うん……///


















まいたけくんの方が背が高いから











隠れるようにして後ろに続く。














まいたけくんの体温を感じるくらい近くて。

































































心臓バクバクなんですけど…。