無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

それでも





それはホントに突然で。
















































ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
あなたのことが好きだからだよ。




























私の行きたかったLIVEに連れてきてくれて







困った時は助けてくれて








美味しいご飯屋さんにも連れて行ってくれて








































それもこれも全部









































ゆぺくんが私に向けた










































好意によるもの…………?












































どうしよう………

































わ、私は………………まいたけくんが……………



















































(あなた)
(あなた)
わ、私は……
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
他に好きな人がいるの?






















なんでわかってしまうんだろうか。



やっぱ心が読まれてるみたい。







ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
それでもいいよ。
(あなた)
(あなた)
え……?
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
他に好きな人がいてもいい。
(あなた)
(あなた)
で、でも……
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
他に好きな人がいてもいいから、
俺と付き合って欲しい。





 






























その時のゆぺくんの顔は





真剣そのもので































































































































































断ることなんてできるはず無かった。