無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

日常編5 ゆぺくん☆★
今日はゆぺくんがめっちゃ美味しいご飯屋さんに

連れていってくれるらしいので

めっちゃ楽しみです。
(あなた)
(あなた)
どこ行くの?
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
えーひみつー。



ゆぺくんは何回言っても教えてくれないけど

絶対美味しいことに間違いはないから

不安は全然ない。



ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
着いたよ、ここ。
(あなた)
(あなた)
や、焼肉…✨
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
前にもっと美味しいとこ行こうって
言ったらからね。入ろっか。



店内は焼肉屋にしてはオシャレで

なんか高級そうな感じがした



少しすると頼んだものが来て二人で食べた。
(あなた)
(あなた)
んん~めっちゃ美味しい~✨
やっぱゆぺくんすごいわ。
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
ほんと美味そうに食べるよな。
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
ん、あなた口についてる。
(あなた)
(あなた)
え?…………あ、ほんとだ。
ありがと。
(あなた)
(あなた)
………なんか意外だった。
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
何が?
(あなた)
(あなた)
ゆぺくんってもっと怖い感じかなって思ってたから。
あと、ちょっと動画でも変だし。
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
変ってwwwまぁ間違ってはないけども
(あなた)
(あなた)
実際こうしてると全然優しいし。
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
それはあなただからだよ。
(あなた)
(あなた)
え?
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
あなたは可愛いから、特別。






そんなカッコいい顔でそんなこと言わないでください。

不覚にも少しキュンとしたじゃんか。









(あなた)
(あなた)
またまたぁ~。
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
えー。ホントなのにー。
(あなた)
(あなた)
あ、その肉もーらい。
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
おいっ!それ俺が育てて…!





パク(*゚~゚*)モグ モグ






ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
前言撤回。絶対許さねぇこのバカ!
(あなた)
(あなた)
バッ…?!
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
食べ物の恨みはこえーんだぞ!
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
こっちの肉もーらいッ!
(あなた)
(あなた)
あぁっ?!ひどい!
ゆぺくん☆★
ゆぺくん☆★
さっきあなたもやったじゃんか〜?
(あなた)
(あなた)
くっそぉ…悪魔め……!



















喧嘩するほど仲がいいって奴です。