無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

やっと着いた……!
あれからどうにかこうにかして

従兄弟の家の周辺らしきところにこれた。

(あなた)
(あなた)
多分この辺りなはず……。
一応LINEして聞いてみようかな。
LINEのJibun☆
LINEのJibun☆
多分家の近くまで来たと思う…!
お兄。«LINE»
お兄。«LINE»
周りどんな感じ?何かある?
LINEのJibun☆
LINEのJibun☆
自販機!コカ・コーラの自販機があるよ!
※ちなみにこの場所設定テキトーなので
リアルなポケの家には一切関係ないです。
お兄。«LINE»
お兄。«LINE»
すぐそこじゃん! 
待ってて今行くから!
LINEのJibun☆
LINEのJibun☆
ありがとう〜!待ってる
お兄と呼んでいる従兄弟は 

〃ポケカメン〃という名前で

配信をしたりしているらしい。
まぁ、配信見た事はないんだけど☆
ポケカメン
ポケカメン
おーい!
(あなた)
(あなた)
あっ!お兄!!
(あなた)
(あなた)
ホントに近かったんだ。
久しぶりお兄!!
道わかんなくておそくなっちゃった…。
ポケカメン
ポケカメン
全然!すごい久しぶりだよな!
しばらく俺ん家いるんでしょ?
(あなた)
(あなた)
うん。仕事なんか探しながら。
じゃないと永遠にニートだからね~。
それから少し話しながら歩いた。
ポケカメン
ポケカメン
着いたよ~。家ここ。
やっと着いた……。

(あなた)
(あなた)
お邪魔しま~す
そしてこれからお世話になりまーす…。
______________________________________



あの、ひとつ聞きたいんですけど…。

これ、夢機能になってますかね?

心配なのでこの話見た方はコメントくれれば助かります…!

なっていなかったらどうすればいいのか

教えていただいきたいです……。