無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3*
1時間目です。眠いです。





















隣の席は、先生に頼んで、もゆになってます










もゆ「 あなた、あっち見て(小声)」




もゆが、窓の方さしてなんか言ってる


窓の向こう側は、1年のクラス


特に、知り合いはいないはず




『 なに?(見る)』




(´-д-`)ゲッ




もゆ「 めっちゃ、見てるwww」




『 道枝くん、、、、』





どんだけ好きなのよ、あなたの事





道枝「 (手を小さく振る)」




もゆ「 手振ってるよ!ww( 振り返す)」




『 (無視)』




もゆ「 構ってあげなよww」



『 興味なっし』




もゆ「 おっ!なんか言ってるw」




道枝「 (先輩大好きです)」




もゆ「 せ'ん'ぱ'い'だ'い'す'き'で'す?だってwwww」




『 はぁぁ(前を向けと指さす)』



道枝「 (しょんぼりしてしぶしぶ前むく)」



もゆ「 あはっw可愛そぉ~ww(小声)」





『 ほんと、めんどくさい』











もゆ「 昼休みに、あなたのどこに惚れたか聞こ~」




『 余計なことすなw』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 竹下 🐼🤟
竹下 🐼🤟
ファンマ→🐼🤟 ファンネ→竹民 不登校ガールです!!!w 🍌💖/❥.🍌/🦈⛓
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る