無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12*
次の日
















































7時














あっ!あなた、学校に行かなくても


いつもどうり起きる人なんでw

























『 おはよう』





母「 あなた!?いつものイケメンくんが
居ないわよ!」



『 あぁ~いいんだよw
もう付き合ったから、来る必要無くなったし』




母「 やっとOKしたのねw」




『 今日の放課後、学校終わったら飛んでくるってw』





母「 ほんとに、愛されてるわねwww」





『 ふふw』














母「 じゃあ、お母さん仕事だから!
イケメンくんによろしくね!」





『 はいはいw』






































































ピコンッ





なんかきたw
道枝
道枝
せんぱい!?
大好きです!
竹下
竹下
ありがとう。
道枝
道枝
冷たくないですか!?
竹下
竹下
だって、先輩呼びだし、
道枝
道枝
あっ!あなた!!!
竹下
竹下
はいはいw
道枝
道枝
今日、夕方行きますからね!
竹下
竹下
待ってます
道枝
道枝
待っててください!!!
竹下
竹下
はよ、授業戻れwww
道枝
道枝
もっと、あなたと話してたい!
竹下
竹下
授業受けない悪い子と
付き合った覚えはありません
道枝
道枝
あなただって、
学校来てないじゃないですか!
竹下
竹下
それは、元々です
道枝
道枝
(>罒<;//)クッ
竹下
竹下
はいはい。授業戻れー
道枝
道枝
また、夕方!
絶対ピンポン出てくださいね!
竹下
竹下
分かったてww
可愛いな~










































夕方












ピンポーン







はやくね!?w
















『 はーい!』






ガチャッ













道枝「 (ギュッ)」






『 おうっwいきなりやなw』






道枝「 だって、会いたかったもん」





『 はいはい。中に入って』






道枝「 初の、先輩の家、、、、」






『 先輩呼び禁止!!!これから、先輩呼びしたら、あなたから、キスします』




道枝「 いやです!あなたからされたら
心臓止まりそうですもん!
だから、キスは僕からしたいです!」





『 じゃあ、先輩呼び禁止!!!』





道枝「 はい!」



































『 ソファ座ってて』





道枝「 はーい!」






『 コーヒー飲め、、ないかwオレンジジュースでいい?』




道枝「 はい!」






『 どうぞ』





道枝「 せ、、あなたは、コーヒーなんですね」




『 なんかさ、呼び捨てなのに、敬語っておかしくない?』





道枝「 えっ!?まだ、敬語は外せません!」




『 うぅ~ん、じゃあ、あなたちゃんにしよ!』




道枝「 了解です!」



『 呼んでみて!』



道枝「 あなたちゃん!」




『 えぇ、かわァいい~』




道枝「 可愛くないです!」




『 可愛いです。』




道枝「 可愛くないです」





『 年下は、可愛い部類に入るんです。』






ドサッ



道枝「 (押し倒す)子供扱いしないでください」



『 はいはい。ごめんね』



道枝「 チュッ(首筋にキスする)」



『 はいはい。起き上がろうかw』




道枝「 先輩めっちゃ冷静!w、、、、、あっ、」





『 あぁ~ww先輩呼びしたァ!』



道枝「 いや、あなたちゃんから
キスだけは絶対やめてください!」




『 だめぇ~、最初に言ったもんね!w
先輩呼びしたら、あなたからキスするって!w』




道枝「 いやぁー(ジタバタ)」



『 だぁめ、(押し倒す)』



道枝「 押し倒す意味ないですよね!!!~」




『 さっきのお返しw』




道枝「 もぉ~!!!」




『 チュッ(首筋にキス)』

ついでに、キスマ付けときましたw




道枝「 ひゃっ」←





『 なんちゅう、声出してんwww
普通、男がやって、女が声出すんだよw』




道枝「 無理です~」




『 カプッ(鎖骨噛む)』




道枝「 ふんっ////」




『 ははwよっわぁwwww』





道枝「 もう( ー̀ н ー́ )」





『 ごめんごめんw
つい、いじめたくなってwwww』





道枝「 あなたちゃん。めっちゃ悪魔、、」



『 しゃーない。そんなやつと、付き合ったんだから、wえ?別れる?w』





道枝「 嫌だっ!(ハグ)」



『 ふふっw』




道枝「 今度いつ学校来ますか?」




『 明日行くかなぁ~』




道枝「 ほんとですか!じゃあ、朝迎えに行きますね!!!」





『 はいはいw』











道枝「 チュッじゃあ、先輩、僕帰りますね!」




『 はぁーい!また明日ね』




道枝「 え?寂しくないんですか?」















え?寂しくなると思いますか?w


明日会うんだぜ?www









『 寂しくないですよ?w』




道枝「 僕は寂しいです。先輩に
ずぅ~っとくっ付きときたいです。」


『 じゃあ、週末、うち泊まる?』




道枝「 え!?でも、そんな、ぼく、おとなな、あれは、でき、ない、、、ですけ、、、、ど?」









動揺し過ぎwww



しかも、大人なアレってなんやねんwww







『 そんなん、しやんわ!ww』




道枝「 じゃあ、僕の家に来てください!」




『 はいはい、じゃあ、また明日ね。チュッ』




道枝「 なっ///」




『 さっき先輩って言ったでしょw』





道枝「 ('﹏*๑)ウッ…、じゃあ、また明日」




















キスマ付けたこといつ気づくかな?www











































道枝side













お風呂入ろ!!!


















(服脱いで鏡見る)







道枝「 え!?(大声)」




道枝母「 駿!?どうしたの?」




道枝「 キスマ、、、、」




道枝母「 気づいてなかったの?w
あなた先輩?中々やるわね?w」













えっ、制服着ても分かるじゃん!?




あなたちゃんから付けられた、、、、







やばっ///











明日どうしよォ~





























こんな感じでしたww

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 竹下 🐼🤟
竹下 🐼🤟
ファンマ→🐼🤟 ファンネ→竹民 不登校ガールです!!!w 🍌💖/❥.🍌/🦈⛓
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る