無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11*
一人で帰るとかめっちゃ久しぶり。















道枝くんが入学してからは

毎回道枝くんがいたからな




























道枝くん、あなたの家と真逆やん。


















そんなしてまで、あなたについて来てたんやな





















































































































































































































































































着いた、ってデカっ!?





家デカっ!?














えぇ~←はよ行けw
















リンドーン









ピンポーンじゃない!?







りんどーん!?


























🔈はーい




『 あっ、こんにちわ、竹下と申します』




🔈駿がいっつも言ってる子!?




『 あぁ~多分その子です!😅』





🔈どーぞ!もう、入ってください!!!





『 あっ、おじゃましマースw』













































道枝母「 あら、もういらっしゃい!
いつも、駿が、お世話になってます」






『 あぁ、もう全然!お世話だなんて、w』





道枝母「 駿に、合いに来たんでしょ?それがね、いつもより、帰ってくるの早いな?って思ったら、すぐに、自分の部屋引きこもっちゃって、何言っても出てこないのよ、、」





『 あぁ~そうなんですね!私行ってみてもいいですか?』





道枝母「 ぜひ!そうして欲しいわ!2階の一番奥よ!!!」






『 あ、ありがとうございます。』























































コンコンッ






、、、






コンコンッ






全然でねぇww









ガチャツ





鍵は空いてるんだw








『 道枝くん?おじゃまします!!!』






道枝「 え、先輩?、、😭(ベットの上に寝転んで泣いてる)」









『 えっ!?なんで泣いてるの、?』





道枝「 泣いてないです。」





『 いや、泣いてるやんw』






道枝「 なんでもないです。」







なんで泣いてんのかな?、
あなたが、あんなこと言ったから?
でも、今までそんぐらいで、凹むような
子じゃなかったけどな?







『 (道枝くんのベットの上に座る)』




道枝「 なんなんですか、」





『 何が?(道枝の頭撫でる)』




道枝「 さっき、告られてたじゃないですか、、」










あっ、それかw





あの走った音w






犯人は道枝くんかwwww











少しいじめる?w


正直に話す?w



































正直に話そうw


















『 聞いてたんだwあの人なら、断ったよw』





道枝「 えっ!?ほんまですか!?」





『 ほんまですよw』






道枝「 いや、また、俺をからかってるんですか」








やばいw今までがそうだったからwww














『 ううん、今回はガチ』




道枝「 ほんとに?」





『 ほんとに』





道枝「 ほんとのほんとに?」








うぜぇw






『 ほんとのほんとに』















道枝「よかった。でも、俺もう、諦めます。」







え、、、、、






『 なんで?(道枝を抱き抱える)』





道枝「 あなた先輩。全然振り向いてくれないし、(ハグする)」












諦めるのに、ハグされたら返すんだw



















でもね、実はね、今日、告白OKしようと思って。






















『 じゃあ、あなたがもし、あと1回告られたらOKするよって言ったら、する?』









道枝「 今まで、そう言われて、言ったけど
全部嘘だったw」




『 今回はガチで』




道枝「 えっ(顔を上げる)」










めっちゃ見るw














道枝「 まじ、、です、、、か?」






『 マジです。』




















道枝「 それなら、告ります」


















ですよねw















『 じゃあ、告ってみてください』







道枝「 先輩。好きです付き合ってください。」






『 おしい!なんか足りない!何先輩ですか?』





道枝「 竹下先輩?」




『 ねぇ、それみんなと一緒じゃんw道枝くんだけは、みんなと違ったでしょ?』




道枝「 あなた先輩!好きです!大好きで、大好きで、たまりません。付き合ってください!!!」






『 ごめんなさい』





道枝「 え、、、、、」





『 道枝くん意外、考えれませんw』







道枝「 あぁ~!振られたと思った!w」





『 今回はガチって言ったでしょw』





道枝「 先輩!!!」




『 先輩呼びダメ』




道枝「 竹下さん?」



『 だぁめ、』



道枝「 あなたちゃん?」




『 NO』



道枝「 、、、、、あなた?」







『 なぁに!駿!』




道枝「 やっと、付き合えたぁ~」




『 良かったねw』




道枝「 ねぇ、キスしよ?」




『 いっつもしてたやんw』



道枝「 口に」




『 はいはいw』





道枝「 チュッ」




道枝「 めっちゃ、あなた可愛い。自分のことあなたって呼ぶのも、仕草も、顔も」




『 面食いか』




道枝「 明日は学校休みますか?」



『 明日は休みます。』



道枝「 じゃあ、学校終わったら。家行きます。」




『 え、、w』




道枝「 ダメ?(上目遣い)」



『 はいはい。あっ!でも、まだ付き合ったことは、誰にも言わないでね!あなたが、今度学校行った時に言うから!』




道枝「 りょーかい!」








道枝「 チュッ」






『 不意打ちやん~』




道枝「 毎日します!」




『 だるっw』












道枝「 じゃあ、家まで送ります!!!」




『 ありがとう』





『 チュッ』




道枝「 なっ///」




『 あっはぁ~、駿真っ赤www』



道枝「 やられた」




『 (´^ω^`)ブフォwww』


























































































































































付き合うことになりました!!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 竹下 🐼🤟
竹下 🐼🤟
ファンマ→🐼🤟 ファンネ→竹民 不登校ガールです!!!w 🍌💖/❥.🍌/🦈⛓
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る