無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2*
ねむ。












でも、今日は、学校に行かなきゃ






『はぁぁぁぁ』




母「 あなた~??(大声)」




『 なぁにぃ~(大声)』




母「 起きてるなら、降りてきなさーい!今日学校でしょー(大声)」




『 今から、着替えて降りるからー(大声)』






着替えます。



















『 よしっ!下おりますか。』









トントントントン←階段降りる音










『 おはよ』



母「おはよ、今日もいるわよ、あの子」



『 あぁ、道枝くんね』



母「 自分の娘があんなイケメンに好かれるなんて母感激」←




『 あなたのどこがいいんだか』



母「 まぁ、いいじゃないw」




『 やっば!時間!!!いってきます!』




母「 着替え終わって降りてきたかと思ったら、もう、歯磨きとかも済ませたのねw」












竹下は、朝ごはん食べない派です。





















ガチャッ





道枝「 あっ!先輩!おはようございます!!!今日学校行くんですね!一緒に行きましょ!」




『 (無視)』




道枝「 先輩!好きです」







本日1発目。




5分ごとぐらいに、告白されるの




でもな、NOなら、言わないでくださいって言われてるからなにもいわない










道枝「 先輩!今日お昼一緒に食べましょ!」



『 暇だったらね』




道枝「 暇にしててください」



『 分からない』




道枝「 どうやったら、僕のこと好きになってくれます?」




『 さぁね、』





道枝「 真面目に聞いてるんですけど!」




『 道枝くんさ、』




道枝「はい!」




『 モテるのになんで、あなたなの?』





道枝「 好きだからです」




『 なんで?』





道枝「 え?好きに理由なんてあります?一目惚れです」




『 そう。』




道枝「 先輩~好きです!」




『 道枝くんどこまで着いてくるの?もうここ、私のクラスだけど』




道枝「え?、、、ほんとだ!先輩に夢中で気づきませんでした!!!先輩!また、お昼来ますね!」




『 はぁ~、疲れる』




もゆ「 あなた大変だねw」



『 もゆぅ~、』





この子は、私の親友のもゆ!


道枝くんが、あなたに告ってるのを見て
いつも、笑ってる





『 朝から、疲れるわ』



もゆ「 おつぅ~wwwまた、お昼来るってよww」




『 はぁぁぁ』




もゆ「 でも、なんで、学年一のモテ男が、あなたなんかに」



『 それ、軽くディスってね?』



もゆ「 いや、ほんとに。」




『 それなー、他にもいっぱい女の子いるのにね』




もゆ「 あなたもう、付き合っちゃえば?w」




『 嫌だよwwww』




もゆ「 wwwww」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 竹下 🐼🤟
竹下 🐼🤟
ファンマ→🐼🤟 ファンネ→竹民 不登校ガールです!!!w 🍌💖/❥.🍌/🦈⛓
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る