無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

41
2021/12/11

第10話

銀河鉄道の夜七 北十字とプリオシン海岸1
七 北十字きたじゅうじとプリオシン海岸かいがん
カムパネルラ
カムパネルラ
おっかさんは、ぼくをゆるしてくださるだろうか
 いきなり、カムパネルラが、思い切ったというように、少しどもりながら、せきこんでいました。
 ジョバンニは、
ジョバンニ
ジョバンニ
(ああ、そうだ、ぼくのおっかさんは、あの遠い一つのちりのように見えるだいだいいろの三角標さんかくひょうのあたりにいらっしゃって、いまぼくのことを考えているんだった)
と思いながら、ぼんやりしてだまっていました。
カムパネルラ
カムパネルラ
ぼくはおっかさんが、ほんとうにさいわいになるなら、どんなことでもする。けれども、いったいどんなことが、おっかさんのいちばんのさいわいなんだろう
カムパネルラは、なんだか、きだしたいのを、一生けんめいこらえているようでした。
ジョバンニ
ジョバンニ
きみのおっかさんは、なんにもひどいことないじゃないの
ジョバンニはびっくりしてさけびました。
カムパネルラ
カムパネルラ
ぼくわからない。けれども、だれだって、ほんとうにいいことをしたら、いちばんさいわいなんだねえ。だから、おっかさんは、ぼくをゆるしてくださると思う
カムパネルラは、なにかほんとうに決心けっしんしているように見えました。
 にわかに、車のなかが、ぱっと白く明るくなりました。見ると、もうじつに、金剛石こんごうせきや草のつゆやあらゆる立派りっぱさをあつめたような、きらびやかな銀河ぎんが河床かわどこの上を、水は声もなくかたちもなくながれ、そのながれのまん中に、ぼうっと青白く後光ごこうした一つのしまが見えるのでした。そのしまたいらないただきに、立派りっぱもさめるような、白い十字架じゅうじかがたって、それはもう、こおった北極ほっきょくの雲でたといったらいいか、すきっとした金いろの円光をいただいて、しずかに永久えいきゅうに立っているのでした。
旅人たち
ハレルヤ、ハレルヤ
前からもうしろからも声がこりました。ふりかえって見ると、車室の中の旅人たびびとたちは、みなまっすぐにきもののひだをれ、黒いバイブルをむねにあてたり、水晶すいしょう数珠じゅずをかけたり、どの人もつつましくゆびを組み合わせて、そっちにいのっているのでした。思わず二人ふたりともまっすぐに立ちあがりました。カムパネルラのほおは、まるでじゅくした苹果りんごのあかしのようにうつくしくかがやいて見えました。
 そしてしま十字架じゅうじかとは、だんだんうしろの方へうつって行きました。
 こうぎしも、青じろくぼうっと光ってけむり、時々、やっぱりすすきが風にひるがえるらしく、さっとそのぎんいろがけむって、いきでもかけたように見え、また、たくさんのりんどうの花が、草をかくれたり出たりするのは、やさしい狐火きつねびのように思われました。
 それもほんのちょっとの間、川と汽車との間は、すすきのれつでさえぎられ、白鳥のしまは、二ばかり、うしろの方に見えましたが、じきもうずうっと遠く小さく、のようになってしまい、またすすきがざわざわ鳴って、とうとうすっかり見えなくなってしまいました。ジョバンニのうしろには、いつからっていたのか、せいの高い、黒いかつぎをしたカトリックふうのあまさんが、まんまるなみどりひとみを、じっとまっすぐにとして、まだ何かことばか声かが、そっちからつたわって来るのを、つつしんで聞いているというように見えました。旅人たびびとたちはしずかにせきもどり、二人ふたりむねいっぱいのかなしみにた新しい気持きもちを、何気なくちがったことばで、そっとはなし合ったのです。