無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8話☁︎
俺はあの後しばらくしてから入院することになって、今は病室から空を眺めている___








そして俺は何を思いついたのか、弟であるグクに電話した。
グク🐰『ヨボセヨ?』
ユンギ「ヨボセヨ?俺だけど…」
グク🐰『あぁ!ヒョンでしたか!なんですか?』
ユンギ「あのさ…俺達がガキの頃に遊んでたあなたっていうやつ覚えてる?」
グク🐰『あぁ、うん!覚えてる!俺ね、最近あなたにあったんだ~ㅋㅋやっぱり昔と変わらず美人だったよ~ㅋㅋ』
ユンギ「そうか…なら、好都合だ…」
グク🐰『こ、好都合…?』
ユンギ「グク、一つお願いがあるんだが……」
グク🐰『う、うん…?』
ユンギ「あのさ……」
















ユンギ「あなたのこと、お前に託していいか…?」









next